FC2ブログ

初注入


私が妊活で提供を受けているのは非利益団体に所属しているドナーさんからです。


全ての検査結果や身分証明書、卒業証明書などを見せてくれて、本人が望めば面会もしてくれます。
報酬無し、交通費も無しで来てくれます。
ドナーさんは本当に素敵な人で事務所に感謝しています。



実は一人っ子のゲイの友達に相談されていたのでそれも考えていましたが、一人っ子で家を継がせる子がいないからとか親に孫の顔を見せてあげたいからとか…
それって違うんじゃないか?自分の為に子供が欲しいだけ?とか色々と疑問が生まれて来たわけです…



やはり、私にはパートナーがいて、私とハニーが産まれた子供の為の人生を2人で作ってあげたいと思い、提供だけを受ける形を選びました。
その事を母と兄にも話し、兄は父代わりになってくれると言ってくれました。



初めての注入は2017年10月24日でした。

排卵日の前日が確率が高いという事でドナーさんが関東から関西まで新幹線で来てくれました。

でも、私は先月一杯まで仕事をしていてドナーさんが来る頃はまだ仕事をしていました。

ドナーさんがハニーに渡して私に注入するまでの時間は約3時間ありました。



その間、ハニーのお腹でハンカチに包まれていましたが3時間という時間はやはり確率はかなり下がってしまいすよね…

仕事から帰宅後すぐに注入しましたが、やはり生理予定日に生理は来てしまいました。

今月の排卵予定日に2回目のトライをします。




※最近マスコミが精子提供に関するネガティブな取材や報道をしていて多くの良心的な団体や個人が活動休止をせざるを得ない状況になっているようです。

また、ネットでは病院で検査も受けてない人が利益目的でしているブログやサイトがあるので気をつけて下さい。一般的なドナーさんは無料か交通費のみです。

わらをも掴む思いで妊活しているLさん、独身女性、男性に問題があるご夫婦…
報酬を支払えば「売買」という新たな問題が取り上げられて無償で活動してくれている多くのドナーさん、妊活してる人達が更に肩身の狭い思いをしてしまいます。

実際に「顔も知らない父親から売られた子供」や「精子提供で産まれた子供のアイデンティティとは」などの報道がされています。

精子提供を受けて妊活するという事、産まれてくる子供達を守るため、精子提供を受ける側としてもそれぞれに考える必要があると思います。




にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 国際同性結婚へ
じゃらん 楽天市場 Amazon
スポンサーサイト
プロフィール

YOSHI

Author:YOSHI
(L)GBTカップルが赤ちゃんに出会うまでの妊活記録(国際結婚したビアンカップルの生活も♪)★YOSHI♀ブログ主で妊活中★Honey♀YOSHIの嫁(東南アジア出身)

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
862位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
妊娠・妊婦
194位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
Link
検索フォーム
RSSリンクの表示